読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okeno Catanikus +T

非電源卓上遊戯の話題をつらつら綴ったり綴らなかったり。

サーカス興行をする(第一回)

ボドゲ日記 2nd Season

サーカスの団長になった。

なったと言っても、何をどうしていいのかさっぱり分からない。そもそも僕はサーカスなんて子供の頃に一回行ったっきりだ。あとはテレビの特集やらコマーシャルやらで、それっぽいものが世界のどこかでやっている、というのを知っているだけだ。僕にどうしろと言うのだ。

それでも団長になったからには、やるべきことをやらなければならない。とりあえず最終的な目標は『お客さんから沢山の声援を得る』ことなのは薄らぼんやり分かる。では、どうやって声援を得るのか。もちろんサーカスなんだから、火輪くぐりとか、綱渡りとか、空中ブランコなんかをやるのは分かる。ただ、同じ演目を何度もやるとお客さんに飽きられちゃうから、そこは上手い所やりくりしていかないといけないな。それから、演じる曲芸師達にもしっかり練習をしてもらって、当日ちゃんと演目をこなしてもらわないといけない。でも、世の流行り廃りや風潮によっては、やるとマズい演目とか、逆に大受けする演目とかも出るんだろうな。その辺りもしっかり掴んでおかないと。

考えだすと、意外とやることが多い事に気がついた。ちょっと整理しよう。

  • 興行当日の演目と順番を決める。それから演者がどの演目をするか選んでもらう。
  • 演者は出番になったら、舞台に出て演目を行う。上手くいけばお客さんから声援をもらえる。
  • 声援を糧にして、演者は練習に励んでもらい、次の公演日を迎える。

こんな感じだろうか。とりあえずここまでにしておいて、次は演目の種類について考えてみようか。さて、何をしようかな。