読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okeno Catanikus +T

非電源卓上遊戯の話題をつらつら綴ったり綴らなかったり。

『王への請願』踏まれたいキャラクターランキング!!

ボードゲーム 2nd Season

※ A t t e n t i o n ! !  今回の記事はおふざけ記事です ※

『王への請願』のゲームシステム考察やプレイの感想といった記事は、改めて後日書きたいと思います。今回はタイトルの通りの内容ですので、ご注意ください。なお、『王への請願』『王宮のささやき』、及び発売元である株式会社コザイクを蔑み貶めるような意図は無い事をここに明記いたします(変な方向にひん曲がってはいますが、これらのゲームが大好きだともここに明記いたします)。記事に対して公開の中止を求められた場合、記事は即刻削除いたします。

……

我らが偉大なるトラ国国王に対しまして、『是非この方に踏まれたい』と請願するのであれば、果たして誰が一番良いのだろうか。そういった、この国の男性諸君が各々胸に秘めた想いを、我々『そのおみ足で踏まれ隊』が審査員となりまして、厳正な審査の上、これから結果を発表する次第でございます。では参りましょう。

まずは第三位。

f:id:conekoneko:20150426021511j:plain

第三位はチーターの貴婦人様です!

ファーストインプレッションでは一位の座についていたのですが、この物憂げなご様子と、プレイではなくガチで蔑むような視線をくれるのではないかと思うと、流石に本当に泣き出しちゃいそうで怖いです。一方で、高貴な方である貴女様が、「ここ? ここなのね?」とおみ足で下民を踏む、という部分に若干でも罪悪感を感じるようなお心をお持ちなのであれば、このプレイはとても有意義なものになるのではないかと思います。

踏んでくださいお願いします。ヒールか何かで、ゴリゴリと。

 

続いて第二位。

f:id:conekoneko:20150426021615j:plain第二位は狐のペテン師ちゃん!

ペテン師なのですから、さぞかし子供のような無邪気さと、それとは裏腹な含みを混ぜあわせたような、複雑かつ素敵な表情をするに違いありません。そしてそんな表情を見せつつ、「ほらほらどうしたの? ここがいいの?」なんていいながら踏んでくるに違いありません。道化師の裏でペテン師をやっているのだから、ストレスも貯まるに違いありません。そのストレスを私めにぶつけていただければと思います。

踏んでくださいお願いします。動きやすい柔らかめの靴で、グリグリと。

 

そして栄えある第一位は…!

f:id:conekoneko:20150426021354j:plain

第一位は黒猫の魔術師さん!!

そりゃ魔術師ですから、魔術に精通しているのはもちろん、魔術に関わるその他諸々の知識も沢山お持ちの学者肌に違いない。そして魔術の知識の延長線上なのか、あるいはその位の高さから耳年増になってしまったのか、そういうことの知識だってちゃんとあるはず。なのにもかかわらず、実践するタイミングが来ずはやピー年。そんな時に現れた変態。関わり合いになりたくないと思いつつも、胸中に溢れる期待感。元来持ち得ている好奇心。そして本人も気付いていないSっ気。「ここ…か? それとも、こっち、か?」と私めを開花させていただくと同時に、貴女様にも咲き誇って頂きましょう。

踏んでくださいお願いします。ガーターストッキングの生足で、うりうりと。

 

こんなわけで第一位まで発表いたしましたが、ここで特別賞の受賞へと移りたいと思います。

特別賞

f:id:conekoneko:20150426021148j:plain審査員による特別賞は王妃様に授与されます。その大きなおみ足で踏んでいただき、そのまま踏み抜かれ絶命しても構わないと、我々は思っておりました。しかし、しかしながら、一つの事実が我々のそういった想いを押し留めたのでした。御覧下さい、王妃に優しく抱かれた二人の可愛らしい乳子を。勿論、我らが国王様との間に生まれた、正に珠のようなお子様方にございます。普通、お子様方のお守りは乳母や従者がするものですが、王妃様自ら大事に抱いていらっしゃるということは、これは紛れも無く王との愛の結晶なのでございます。この事実がある以上、我々は王妃様に対し、踏んで下さいという請願を、ついぞ出すことができませんでした。ですが、この心温まる光景に敬意を評し、特別賞の授与と相成りました。国王様、王妃様におかれましては、お互いの愛をより一層深めていただくと同時に、また我々国民へもその寛大な御心でもって、寵愛を戴ければと思います。

……一つ、不遜な質問をさせていただくのですが、国王様は王妃様に踏まれたりなどは……あぁ、大変なご無礼を働きました。申し訳ございません。衛兵さん、槍を引いて下さいお願いです!!

 

さて、ここで特別ゲストとして、王宮での囁きが絶えないライオン国より、ウサギのメイドさんにお越しいただきました。

エキシビジョン

f:id:conekoneko:20150426022016j:plain模範演技として、これよりウサギのメイドさんに以下のシチュエーションで踏んでいただきたいと思います。

洗濯物を運び入れるリネンルームでこっそり秘密の逢瀬。洗濯物の山に押し倒され、踏まれてなじられて、「あら、こんな小娘にこんなことされてるのに、興奮してらっしゃるの? イヤラシイ」と蔑むような目で見下されます。いつもはメイドとして礼儀正しくおしとやかに過ごしてるのに、人目の付かないところではSっぷりをいかんなく発揮し、なじられている私めとしてはむしろそのギャップに『自分だけに素を見せてくれてるんだ』と気付き、優越感と恍惚に浸るのです。あぁぁぁーもっと踏んで下さいお願いします! その蔑んだ目も素敵です! 私は卑しい雄猫にございます! どうかもっと踏んでくだしゃぃぃいぃぃぃっ!!

……と、以上になります。ありがとうございました(割れんばかりの拍手)。今回の会により、この国の有望な男性が、また志を高く持ち、更なる励みになればと思います。本日はお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。また次回があるとしたら、どのような魅力的な女性がノミネートされるのでしょうか。私も楽しみで仕方がありません。それでは、また次の機会に。

 

 

本当に、本当にすみません。でもやってみたかったんです(ゲス顔)。

秋津たいらさんのイラストは『タルギ』の頃(あるいはPixivでイラストを見かけた頃)から好きでしたが、ここまでピンポイントにどツボを突かれると、ケモノキャラが好きな自分としては(非常に良い意味で)困るわけでございます。『王宮のささやき』か『王への請願』をプレイ中に、妙にニヤニヤしてるなと感じたならば、それはこういった理由によるものです(あと負けてる時も妙にニヤニヤする傾向にありますが、大半は前述の理由によるものです)。遠慮無くその場でその事を大声で指摘して、私めの意識を妄想の世界から盤上の世界へと戻していただけたらと思います(自分で帰ってこいよ)(つーかプレイ中に妄想世界に行くなよ)。