Okeno Catanikus +T

非電源卓上遊戯の話題をつらつら綴ったり綴らなかったり。

糸とレース・完結編~もうごぼうなんて言わせない~

 

f:id:conekoneko:20141015003040j:plainご覧の通りである。

こうして、俺の長い長いコンポーネント自作の日々は、幕を閉じたのであった… ~fin~

 

これで終わりかぁ…そうかぁ…

今までの時間とお金と苦労は一体…!(膝から崩れ落ちながら

先日、へそまがりに行く前に横浜のマルイにある雑貨店に、糸巻きを探しに行ったのでした。小10個入りで100円。値札がついていなかったので、もしかして10個で400円とか…と若干不安に身を震わせながらレジに向かったのですが、やっぱり100円でした。これ本当にいい買い物でしたわ。

前回の記事(後編)にコメントしてくださった通りすがりさん、本当にありがとうございます! こうしてコンポーネント自作沼というわけわからん沼から綺麗さっぱり身を引きずり出すことができました! 要するに自分の満足のいくレベルの物ができあがったということです、はい!

探せばあるところにはあるんだなぁ、と改めて実感。思い立ったら即行動もいいですが、やはりしっかりとした指標と、情報収集は欠かさないに越したこと無いですな。次があったらその辺りを念頭に置いて臨みたいと思います。

しかし、これで『ロココの仕立屋』プレイ時に、より一層世界観に浸れるようになったのではと思っています。ちなみにいつものゲーム会のメンバーは糸マーカーを『ごぼう』、レースマーカーを『豆腐』と呼ぶのです。17世紀の中世ヨーロッパなのに…味噌汁ちゃうねんでこれ…(まぁわかりやすいし面白いのでそのままにしようと思っていますが)。もうごぼうとも豆腐とも言わせない! 言わせんぞぉぉ!!

ただ、ちょっとサイズが大きいので、整理用ボックスにマーカーが入りきらないのが悩みの種。これはもう仕方ないかなぁ(=;´ω`)