Okeno Catanikus +T

非電源卓上遊戯の話題をつらつら綴ったり綴らなかったり。

時すでにローマ分裂

 

コンコルディア』売り切れ的な意味で(ローマ帝国が滅んだ後=『時既に遅し』的なことが言いたいらしい)。

発売当初は『なんか結構なお値段の翻訳ゲーが出たな…面白いとは聞くけど、あまり興味が出ないな』と思っていたのである。ろくに調べもせず、ブログの感想を二、三斜め読みしただけで、それ以上情報を仕入れようとしなかった。それから二ヶ月後の今、改めて様々なサイトの記事を深く読み返してみると、このゲームがいかに魅力的かがよく分かった。分かってしまった。

そして今日は給料日。昨夜日記で書いたゲームもさる事ながら、『コンコルディア』も対象に入れていいのでは? むしろ一番良い選択肢じゃないのか? と仕事中にその存在を思い出し、そう気付いてしまったのである。早速調べてみるものの、通販を行っている店では品切れの文字が並び、オークションでは日本語版の新品が法外な値段で出品されていた。店頭ならまだ望みが、とも思ったが、冷静に考えて通販で売り切れているものが店頭に残っているわけも無かろうと気付き、徐々に希望は影に飲まれていった。

とりあえず明日秋葉原のR&Rとか行ってみるけど、やっぱり売り切れてるんだろうなぁ。あぁー、どうしていつもこうやって後発組になってしまうのか。なんかこう、良いものを嗅ぎ分ける嗅覚的なものが、弱いんだかなんなんだか。もっと敏感になりたいなぁ。いくらアンテナ張ってても、取捨が上手く出来ないんじゃダメだよなぁ。

ちなみに買うとしたら次点は『キーフラワー』が濃厚。

西方に出張中のサークル相方とまたBGAで十二季節拡張二種込みをプレイ。

f:id:conekoneko:20140926012241j:plain

 結果、137対155で俺の負け。最後まで計画的にカード出せてたのに! 久々に初志貫徹して、かつ運用も上手くいったのに! 敗因? オニスてめぇだよ! 滅びよ! 滅せよ!!(※既に肉体は滅びてます)

『オニスの忌まわしき魂』がラウンド終了時に3個クリスタルを持っていくのは、序盤に出せていた『メソディーのランタン』で帳消しになって、そこまで痛くなかった。でもね、またカードの効果取り違えてたのさ。オニス、相手に押し付けられた後、更に活性化して誰かに押し付ける事ができるなんて…最後のラウンドで二枚目を押し付けられて、相対的かつ最終的にこの一手で13点差だよ…。これが無ければ勝ってたし、カード運用で唯一上手くいかなかった『生命の薬』の破棄さえ無ければ、最後の変転で追い抜いていた…かもしれない。勝ってる自信があったから、前回以上に悔しかった。ん゛く゛や゛し゛い゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛!!

ナリアちゃんごめんね。俺のデッキに来てくれたのに、勝てなくて。ナリアちゃんは俺の守護神だよ。いつもそのまんまるおめめで見つめてくれるもんね。ゲーム終盤に変なカード押し付けてペナルティで勝利点マイナスしてくれたりするもんね。次回は勝つよ、君の瞳にかけて。

おいナリアちゃん使えないって言ったやつ出てこいや。

Q.でも仔猫さん、『女預言者ナリア』をシナジーとか関係なく、見つけたらゲン担ぎとしてデッキに入れてる感はありますよね? A.はい、もちろんです。